【アイギス】渦潮の亜神メシナの性能まとめ!攻撃対象数が多い儀式魔術師!

千年戦争アイギス

王子の皆さまこんにちは!
この記事では渦潮の亜神メシナの性能を紹介します。
ぜひとも最後までよろしくお願いします。

スポンサーリンク

入手方法

プレミアム召喚

渦潮の亜神メシナ

クラス


メシナのクラスは儀式魔術師になります。
儀式魔術師は射程200の遠距離ユニットで遠距離範囲魔法攻撃を行います。
攻撃をしていないときに1秒につき攻撃力が9%上昇し、攻撃後の待ち時間も攻撃力が上昇します。
攻撃力は最大で10倍になります。

スキル

WT1 CT80

スキルは荒ぶる海の象徴です。
効果時間無限で攻撃力と射程を増加します。
さらに深海適応を持つユニットの攻撃力と防御力を上昇させます。
自身も深海適応を持つので最大で攻撃力が1.95倍になります。
もともと射程が短いクラスなので射程増加は相性がいいです。

アビリティ


アビリティは渦潮の加護です。
巻き込み範囲が狭くなる代わりに攻撃対象数を+1にします。
出撃人数に含まれず、スキルで敵の遠距離攻撃を引きつけるトークンを使役できます。
深海適応を持ち、配置中は味方全体の深海の影響を30%軽減します。
死亡時撤退扱い。

第一覚醒

儀典魔術師

覚醒スキル

WT5 CT30

覚醒スキルは大食の渦潮海峡です。
20秒間、自身の攻撃力1.7倍、射程1.3倍増加させます。
攻撃対象数を+3します。アビリティを合わせて攻撃対象数は5になります。
味方全体が与える魔法ダメージを1.2倍します。
魔法ダメージ上昇はエンチャンターのクラス特性と競合するので1.4倍にはなりません。

覚醒アビリティ


覚醒アビリティは渦潮の寵愛です。
巻き込み範囲が狭くなる代わりに攻撃対象数を+1にします。
出撃人数に含まれず、スキルで敵の遠距離攻撃を引きつけるトークンを使役できます。
深海適応を持ち、配置中は味方全体の深海の影響を50%軽減します。
死亡時撤退扱い。

第二覚醒

未実装

メシナの渦潮トークンについて

渦潮トークンはコスト8、ブロック数0の近接トークンになります。
スキルを持ち遠距離魔法攻撃をします。
スキルは効果時間無限で敵の遠距離攻撃を引きつけ、50%で攻撃を回避します。
最大で2体まで配置できるのでユニットを分けて配置しないといけないときに避雷針としてしっかりと使えるのは良いです。

まとめ

メシナは2人目の儀式魔術師です。
このクラスは攻撃をしていないとき攻撃力が上昇していくクラスになります。
攻撃力上昇は攻撃後の待ち時間も適応され、最大で10倍まで上昇します。
ソラスやアージェと違い攻撃しても攻撃力は低下しません。

アビリティで常時攻撃対象が2体になります。
覚醒スキルと合わせると攻撃対象数が5体になります。
巻き込み範囲が狭くなるというデメリットがありますがそこまで狭くなっていません。
敵が集まっている所に打ち込めば大きな火力が得られます。

深海適正と味方への深海の影響軽減を持っています。
深海編成の時は通常スキルは効果時間無限で味方の攻撃力と防御力を上げることができます。
深海マップでは強力なユニットになるでしょう。

攻撃していない時間で強化されるので早めに配置するのがおすすめです。
幸い出撃コストが低いので攻撃力を上げることができればメイジのような運用をすることができます。
メシナのネックは攻撃範囲が狭いところです。
ヘカティエはトークンで移動して隠密攻撃を仕掛けることができますが、メシナでは似たような動きはできません。
攻撃を引きつけるトークンを持つのでメシナを前に配置し攻撃することは可能だと思います。
トークンはブロック数0で攻撃を50%で回避するので場持ちが良く、メシナを敵の攻撃から守ることができます。
この運用がメシナの基本になりそうです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が王子達の役に立てば幸いです。

コメント