チャンピョンミーティングの問題【ウマ娘】

今回はウマ娘のチャンピョンズミーティング(以下チャンミ)の問題を考えてみたいと思います。
ぜひとも最後までよろしくお願いします。

スポンサーリンク

ユーザーの2/3が負ける仕様

チャンミは決勝まで勝ち上がった3人により対戦され、勝った1人のみがプラチナの称号を得ることができます。
Aグループ決勝に行くのは難しく、行けても負けることもあります。
称号コレクターは負けることのできない戦いだといえるでしょう。
それが毎月あるのはつらいでしょう。

育成のワンパターン化

せっかく参加するなら勝ちたいチャンミ。
チャンミのコースが発表されてから1ヶ月間ウマ娘を育成し続けることになります。
しかし、ルームマッチ等で最適育成が見つかり、そのデータに則った育成論が開発されます。
そのため同じような没個性ウマ娘が各トレーナーから排出されます。
固有や脚質の強弱もはっきりしているため特定のウマ娘ばかり育成したり、エンカウントすることにも繋がっています。

チャンミウマ娘の用途不足

1ヶ月の間、チャンミのために育成したウマ娘はチャンミ終了後に使う機会がありません。
なぜならチャンミで強いウマ娘はそのコース条件に特化しているのでその他のコースに使うことが難しくなっています。
毎月、ウマ娘3人を育ててもまた次のチャンミ用に育成しなければなりません。

最後に

ネガティブな記事になりましたね。
もちろんチャンミを楽しんでいる方もいると思います。
1ヶ月掛けて育てたウマ娘が勝てばうれしさで手が震えますが、負ければ途方もないショックを受けます。
チャンミ実装で引退者が増えたのは事実ですし、ストレスを感じている方もいると思います。
チャンミを無くせといいませんが、開催頻度を月1から下げても良いのではないかと考えています。

コメント